Top >  コラム > 吉田豊騎手にエージェントが!?

吉田豊騎手にエージェントが!?

人間の動きを追っている人は気付いていると思いますが、
今年の吉田豊騎手は前年までの吉田豊騎手と違います。


大久保洋吉厩舎の馬が出ていれば、
ほぼ9割の確率で騎乗していたのですが、
今年は別の厩舎の馬に乗っていることが多いのです。


競馬の学校上で公開している予想でも、
これは怪しいと何度か書いたのですが、
この理由がようやく解りました。


競馬最強の法則 2009年4月号によると、
吉田豊騎手には今年からエージェントがついたらしいのです。
しかもそのエージェントが、藤田騎手や中館騎手と同じ植木氏とのこと。


つまり、藤田騎手や中館騎手のおこぼれに乗れるということです。
藤田騎手が関西、中館騎手がローカルにいる時なんかは、
関東は吉田豊騎手に良い馬がまわってくるでしょう。


これを裏付けるデータがありまして、
昨年は藤田→吉田豊への乗り替わりが12戦1勝に対し、
今年は既に5戦2勝です。
意図的に成績が上がっていますね。


これは、内田博幸騎手が抜けた穴が大きいと思います。
元はといえば、今の吉田豊騎手のポジションは内田博幸騎手でした。
ただ、事情によりエージェントの変更があったため、
そこの枠に上手く入り込めたのだと思います。


G1を人気で勝つなど、度胸と技術を兼ね備えている騎手なので、
エージェントを従えて、リーディング争いに嵐を吹き込んでほしいですね。
今年の吉田豊騎手は注目ですよ!

コラム

管理人はやとの独り言コラムです。
関連エントリー
騎手からのアプローチについて吉田豊騎手にエージェントが!?「競馬の教科書」の販売を開始!ネット上の競馬商材と市販の馬券本との違いとは?天才と凡人について。必殺!エイトメン(競馬エイトを使った軸馬理論)最強の馬券理論とは?指数系必勝法は危険なのか?